キャッシング審査家族

キャッシングでピンチをチャンスに変える

キャッシング審査と家族構成の関係性

キャッシング審査の属性には家族構成も含まれています。家族構成がどうなっているかによって本人の可処分所得も変化するのでそのような区分を設け、審査や契約条件に反映させているのです。

家族構成の区分にも幾つか種類がありますが、単身住まいと親と同居している場合とでは単身住まいのほうが属性は低くなります。親と同居している場合は家賃負担が減少、もしくは不要なことが多く、いざというとき親族の支援も期待できるので評価が高くなっています。

独身と配偶者ありでは独身の方が有利です。もちろん配偶者にも収入がある可能性はありますが、配偶者の収入を調査しない以上は配偶者の収入は無いものとして扱います。そして配偶者にもお金を使う必要があるため個人で使えるお金は減ると判断されます。よって独身者のほうが属性は高くなります。

最後に子供の有無です。子供がいると属性は低くなってしまいます。子供には収入がない反面、教育などに多額のお金が必要になります。よって、子供がいる場合は返済能力が低くなると判定されるのです。

アコム審査に通過して賢くお金を借りる